« 【不定期】体育館個人利用情報 | トップページ | 【不定期】体育館個人利用情報 »

2014年7月20日 (日)

つくってあそぼー:プログラミングで天の川を作ろう

今月の『つくってあそぼー』
「プログラミングで天の川を作ろう」ということで
ビジュアルプログラミング言語Viscuit(ビスケット)を使って
みんなで天の川をつくりました☆



ビジュアルプログラミング言語Viscuit(ビスケット)とは
2003年にNTTの研究で開発された
「誰でもプログラミングを体験してコンピュータの本質が理解できる」を
コンセプトとしたビジュアルプログラミング言語(ビスケットHPより)
ブラウザ上に絵を描き、描いた絵の配置でプログラミングをするというものです




みんなでプログラミングをしたものはスクリーン上で
合作となるので
星空を見上げるように天井投影したかったのですが、
通気口などの関係上叶わず、ホール担当の設営スペシャリストに
張り出したスクリーン設置をしてもらい
ゴロンとしながら見上げられるようにセッティングしました

Cimg1396

Cimg1402


まずは七夕伝説のお話をし、
織姫星と彦星、夏の大三角形、
天の川の位置を確認しました。


そして天の川が銀河で出来ていることをお話しし、
ここでViscuit(ビスケット)登場☆
皆で星を描き、Viscuit(ビスケット)の仕組み研究

Cimg1403


プログラミングの秘密を発見、発表してもらいながら、
Viscuit(ビスケット)の仕組みを学びました

Cimg1404


参加してくれたのは、3歳
9歳のキッズと保護者の方々で、
スピードの違いを発表してくれた年少の子に
「年少とは思えない。。すごいねー」と
小学生が褒める場面もありました

Cimg1417

こちらがみんなでViscuit(ビスケット)の仕組みを
学びながら作った天の川。


星という、ひとつのテーマでも
みんな個性があって同じものがなく素敵ですね

Amanogawa1

動画はこちらから



その後は、七夕の前日という事でみんなで短冊を書きました

Cimg1414


今度は短冊に書いた願い事をプログラミングで
描いてアニメーションにしました


Cimg1415


タブレットなので感覚的に操作ができ、
絵の得手不得手の差も無いので
3歳くらいの子からシニアまで同じように楽しめます

Cimg1418


皆で描いた願い事の天の川を眺めながら、
皆に発表してもらいました

Cimg1421

Cimg1423

Cimg1428



それぞれの願いが描かれたスクリーンは
夢や希望にあふれて、参加してくれたみんなも
「私はね!」「僕はね!」とイキイキしていました

Cimg1427

Cimg1432_2

Cimg1433


アンケートの回答でも
「タブレットやパソコンの子ども講座をまたやってほしい」とあり、
幼い頃からこうしたデジタルコンテンツに触れることを
望んでる保護者の方も多いことを感じました。

Cimg14372


Cimg14382

こちらがみんなが作った願い事の天の川☆

Negaigoto2_2

動画はこちらから



また、参加された子にも「また違うテーマで遊んでみたい」と
リクエストを頂き、こちらもブラッシュアップして
継続した実施と新たなプログラムを展開出来るように
頑張りたいと思います

梅田センターFacebookでも随時最新情報を掲載しています☆
是非ご覧ください!!



【梅田センターFB】
https://www.facebook.com/umedacenter.library

« 【不定期】体育館個人利用情報 | トップページ | 【不定期】体育館個人利用情報 »

講座紹介」カテゴリの記事